通信制高校の大学受験対策について

進学する学生によっては名門私立に進学するケースもあります

GO通信制高校 / 通信制高校へGO!

学校によっては予備校並みの授業を行っているものも | 進学する学生によっては名門私立に進学するケースもあります | 支援金制度を積極的に利用していきましょう

進学コースやクラスであっても、専門学校や短大に進学する学生は多く、国立や私立の大学に進学する学生はやや少なめです。
しかし、進学する学生によっては早稲田や慶應義塾などの名門私立に進学するケースもあります。
それらは、個別指導が行われている可能性もあり、少人数で徹底した受験対策を行うことができるので、高校三年生の時点で偏差値が50を下回っていたとしても、受験に合格することができるのです。
個別指導のメリットは、生徒同士のつながりが殆ど無いので、いじめに遭いにくいというメリットがあります。
これまで通常の学校に通っていた子どもが、いじめが原因で通信制に編入した場合であっても、安心して受験をする環境が整っているのです。
それだけでなく、個別指導型のメリットは、生徒のわからない問題をわかるまで開設できる点があります。
引っ込み思案な学生や、教師に質問することが苦手な学生であっても、ワンツーマンの授業を行うことができるので、気軽に質問しやすく学力も向上しやすくなるのです。
ただし、個別指導型のデメリットとして、授業料の高さが挙げられます。
特に深刻な人手不足に直面している通信制学校の教師の雇用が難しく、ワンツーマンの個別指導を実現しにくくなっているのです。
結果的に雇用の際に人件費が高騰してしまい、最終的に授業料が高くなってしまうことがあります。
更に個別指導のデメリットは、教師の数が限定されるという点です。

『通信制高校での受験勉強にはメリットしかない』
進学コースを担当している森本先生のインタビュー記事が「go通信制高校」のHPに掲載されました。

HP⇒https://t.co/VxUZPVsWaw
または⇒https://t.co/qWLJWAEtL4
勇志国際は卒業後の進路もしっかりサポートします。
#勇志国際 #通信制高校 #進路 #進学

— 勇志国際高等学校 (@YushiKokusai_HS) 2018年7月18日